つるが伸びて、つぼみが付きました

6月16日のあさがおの様子です。

 20200616_2321949.jpg

 

つるは日々成長し、支柱の上の方まで伸びてきました。

葉がさらに増えたため、植木鉢が覆われて見えなくなりそうです。

つるをよく見ると、つぼみがいくつか付いていました。

ほかのつるにも、たくさんのつぼみが見られました。

花は、いつ咲くのでしょうか。

今から楽しみです。

 

★気温が高くなると、大型の虫が発生するようになります。

 特にエビガラスズメの幼虫は、要注意です。

 小さいうちは葉に穴が開く程度の被害ですが、大きくなると、葉がなくなるくらい次々と食べてしまいます。

 あさがおを観察する際、変わったことがないか意識して見るようにしましょう。

 

 

 

 


あさがお通信第4号をお届けします

第4号では、つるが伸びるころから花が咲くころまでの

栽培のポイントを紹介しています。

 

2020あさがお通信4号.jpg

 

 


支柱を立てました

6月9日のあさがおの様子です。

 

あさがおの「つる」が伸びてきました。

植木鉢も、葉でかくれてしまいそうです。

天気もよいので、用意していた支柱を立てることにしました。

 

★つるが15cmくらい伸びてきたら、支柱を立てましょう。

 つるが長く伸びた状態で行うと、途中で折ったり切ったりすることがあります。

 早めに取り付けるようにしましょう。

 

  

 

つるが伸びるころになると、あさがおの成長の差が目立つようになります。

全体に小振りで勢いがないと、病気でないか心配になります。

しかし、水のやり過ぎが原因である場合が多いものです。

朝、土の状態を見て、湿っていたら水やりを控え、乾いていたら行うようにしましょう。

その際、植木鉢の底から水が流れ出すまでたっぷりあたえるのがコツです。


追肥をまきました

6月1日のあさがおの様子です。

 

 

本葉が大きくなり、数もさらに増えました。

茎の先を見ると、少し伸びて「つる」になり始めています。

種まきから1カ月近くたつこともあり、追肥をまくことにしました。

 

★追肥をまく時期は、つるが見え始めたときです。

 ただし、つるがまだ見えていなくても、種まきから1カ月たったらまきましょう。

 追肥が遅れると、あさがおは養分が不足して大きくなれません。

 

tuihi.jpg

 

追肥は、あさがおの根元から少し離れたところにまきました。

根元に近すぎると、肥料が効きすぎて根を傷めるなど、悪い影響が出たりします。

根は、植木鉢いっぱいに張るので、離れたところにまいても問題ありません。

 

つるが伸びてくると、巻きつくための支えが必要になります。

いつでも支柱を立てられるよう、準備をしておきましょう。

 


家庭向け あさがお栽培動画 第2弾!

家庭向け

あさがお栽培動画 第2弾完成

家庭でも安心して栽培できます。

 

動画で説明「あさがおの育て方◆

 

・本葉が出始めたころから、つるが伸びるころまでの栽培方法を紹介

・まびき、追肥、支柱立てなどの世話を動画で分かりやすく解説


本葉が増えてきました

5月26日のあさがおの様子です。

 

双葉と双葉の間から見えたとがったものは、日に日に成長し、やがて開いて本葉になりました。

続いて、2枚目の本葉も開き始めました。

本葉は、双葉とちがって、先のとがった形をしています。

 

植木鉢が葉でいっぱいになり、土が見えないくらいになりました。

そこで、丈夫な苗を2本残して間引きをしました。

 

苗と苗の間が広くなり、風通しや日当たりがよくなりました。

間引いた苗は、予備として別の植木鉢に植え替えておきました。

 

★間引きは、あさがおを大きく育てるための世話の1つです。

発芽した苗を全て育てると、養分が十分行き渡らず、成長不良になるおそれがあります。

また、日当たりや風通しが悪くなって病気や害虫が発生しやすくなったりします。

 

★残す苗は、茎が太くて葉と茎の間が短い、がっしりしたものを選びましょう。

また、病気や虫がついていないかも確認しましょう。

茎の根元の色が濃い苗は、濃い色の花が咲きます。

色水遊びを予定している場合、茎の色の濃い苗を残すと、活動がしやすくなります。

 

 

 


あさがお通信第3号をお届けします

第3号では、本葉が開くころからつるが伸び始めるころまでの

栽培のポイントを紹介しています。

 

2020あさがお通信3号.jpg

 


双葉が開きました

5月20日のあさがおの様子です。

 

種をまいてから2週間ほどたちました。

あさがおは、どの芽も双葉が開くまで成長しました。

最初は小さかった双葉ですが、日に日に大きくなりました。

 

よく見ると、双葉と双葉の間からとがったものが出てきています。

何になるのか、観察を続けようと思います。

 

★昨日の雨で土が湿っていたので、水やりは控えました。

 


あさがおの芽が出ました

5月14日のあさがおの様子です。

 

種まきから5日後の12日に、最初の芽が出ました。

13日も1つ、今日は3つの芽が出ました。

5粒まいた種が全て発芽しました。

 

種まき直後の土日は、気温が20度に届かないような日だったので、芽が出るか心配しました。

その後、天気が回復して気温も高くなったので、順調に発芽したようです。

 

最初に出た芽は、双葉が開き始めています。

双葉は、先が2つに割れた形で、うすい緑色をしています。

他の芽も、元気に育ってほしいです。

 

★土の表面を見ると黒く湿っていたので、今日は水やりを控えました。

 

 

 

 


家庭向け あさがお栽培動画スタート

家庭向け

あさがお栽培動画スタート!

家庭でも安心して栽培できます。

 

動画で説明「あさがおの育て方 

 

・家庭学習に最適!

・動画で楽しく、育て方が分かる!

・映像で確認しながら作業ができる。



category

latest_entry

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

archives

search

link

moblie

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM